ホーム > 会社概要

会社概要

企業情報

社 名 株式会社丸栄製材所
所在地 三重県名張市下小波田1461-3
TEL 0595-65-3265
FAX 0595-65-2681
E-mail info@maruei-seizai.com
設  立 昭和43年
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 宮脇昌弘
従業員 10名
事業内容 製材、材木加工、木材販売、建材

歴史

昭和43年   宮脇昌美 創業
平成元年 6月 株式会社丸栄製材所に変更
6年
7月 青山工場 青山製材団地内に開設
10年
〜19年
  鉢峯山 法道寺 納材始まる
(平成19年12月 平成大修理落慶法要)
10年 1月 建築工事業取得
11年 3月〜4月 春日大社 納材(株式会社飛鳥)
  4月 矢田寺 納材(株式会社飛鳥)
  6月 宮脇昌弘 代表取締役就任
15年 2月〜3月 大神神社 納材(株式会社飛鳥)
16年
2月 超仕上鉋盤 4面モルダー機械 購入
17年 3月 法隆寺 納材(株式会社飛鳥)
  8月 「三重の木」認証製材工場 認定
    「三重の木」認証建築業者 認定
19年 3月 当麻寺 納材(株式会社飛鳥)
    「合法性、持続可能性の証明に係る事業者認定
  5月 株式会社丸栄製材所(1級建築事務所)開設

社長の「はなし」

株式会社丸栄製材所 宮脇昌弘 写真
代表取締役社長 宮脇昌弘

やっぱり、額がまとまって、かつ良い材を提供して、大工が建てて施主さんが喜ぶ姿はうれしいですよ。いい材だねって、大工さんに褒められる、これに尽きるんです。「収まりがいいね」とか、「粘りが違う」とか、「いつもいいものばかりありがとう」とかいわれること、施主さんや店主さんの完成時の喜ぶ姿も嬉しいものです。それから、いい丸太を仕入れて、いい製品だったときもうれしい。

木ってのは生き物なんです。一本一本違うんです。産地によっても違うし、山を知って原木を仕入れて、丸太を挽いてみて、思うように行くかどうかは、ふたを空けてみなきゃわからないんです。何万円とか何十万円の丸太を買ってきて、挽いてみて分かる世界が予想通りだったときはすごく嬉しいんです。産地を信じて、自分の目でみた丸太を信じること、この感覚を大切にしています。

やはり、大手のメーカーが役モノの製造、いい木をキチンと使うというところに乗り出せないのは、いくら経験を積んでも、100%近く確定する同じものができないからなんです。我々は、経験を積みながら覚えよう、覚えようとし、一本一本大切にして、一品一品に想いをこめて創るんで、数には限りがでてくるのですが、その点においては何にも増してこだわりたいと思っております。

ページトップへ戻る